新宿区 市ヶ谷の税理士、サープラス税理士法人では、法人設立や法人設立後の経営、資金、税務、会計のご相談を承ります。

 サープラス税理士法人東京都新宿区市谷台町5-1曙橋駅から事務所までの地図
サープラス税理士法人 サービス内容 会社概要 税理士 ご相談・お問合せ
代表ご挨拶
税理士の紹介
よくいただくご質問
起業支援、会社設立

新たに会社を設立しようと考えている方、個人事業から会社組織への法人成りを検討されている方に、
・会社組織と個人事業との違い
・会社形態(株式会社、合同会社、NPO等)の選び方から設立までのスケジューリング
・設立登記申請や設立後の各種届出(税務関係、社会保険関係、労働保険関係等)
などを支援させていただきます。
また、会計システムの導入や帳簿作成のルール作りを支援します。

会社設立

会社の設立は、おおまかに言うと右の手順で行います。これらの一連の作業をご支援いたします。
会社の基本情報とは、
・事業目的
・商号
・資本金
・本店所在地
・会社の機関
・営業年度
などを言います。
設立登記申請の際には、登記申請に必要な書類を作成します。このとき、登記申請日が設立日となります。

会社設立の際の各種届出書作成・提出

会社設立後は税務署をはじめ、関係各省庁に税務関係や、社会保険・労働保険関係の届出書を提出する必要があります。 税理士でないと代行できない書類もあります。こちらも作成から提出までご支援いたします。

 会社設立の流れ

1.税務関係
(1)法人設立届出書
  会社設立の日以後2か月以内に「法人設立届出書」を提出しなければなりません。
(2)源泉所得税関係の届出書
  会社設立時の報酬に係る源泉所得税にも注意が必要です。
(3)消費税関係の届出書
  会社設立事業年度中に提出すべき書類があるので注意が必要です。
(4)青色申告の承認申請書など
  会社設立の日以後3か月以内に「青色申告の承認申請書」を提出します。
2.社会保険関係
 会社設立後、年金事務所に所定の書類を提出し、健康保険・厚生年金に加入します。
3.労働保険関係
 会社設立時に労働者を1人でも雇用していれば、業種・規模を問わず労働保険の適用事業となり、加入手続きを行わなければなりません。

※会社設立の際に提出すべき各種税務届出書に記載する内容によって、税金対策上、有利不利が生ずることがあります。税金の相談は、税理士にお任せください。会社設立を検討する段階から税理士に相談することをお勧めします。

会社設立後の会計システムの導入

会社を設立し、事業を始めるとすぐに帳簿を作成しなければなりません。
会計システムの導入のご支援や、勘定科目や補助科目を決定し、会計システムへの入力の仕方や領収書等の保存の仕方などをご指導します。
販売管理システムや給与システムとの連動をお考えのかたもご相談ください。

※新たに会社を設立しようと考えている方、個人事業を始めようと考えている方は、お気軽にお問合せください。税理士が責任をもって対応します。
※経理・給与アウトソーシングサービスもご利用ください。

>>会社設立時に注意すべき10のポイント

 
経営革新等支援機関
税務様式集
相続税シミュレーション エクセル
税務届出書様式集
会社設立のポイント
サープラス税理士法人Facebook

【広告】

日本語で覚えるネイティブの英語発音
Copyright, All rights reserved, サープラス税理士法人, 2012-2014   
〒162-0066 東京都新宿区市谷台町5-1市ヶ谷台Mビル2F サープラス税理士法人